スーパーバルディナ


camera photo
Super Baldina(携帯時)



camera photo
Super Baldina(撮影時)
 1955年に発売されたバルダの高級35mmカメラ。レンジファンダー付きと無しがある。

 当時大衆向け35mmカメラはレチナに代表されるように折畳式蛇腹が主流であった。バルダ社でも同名の35mm判蛇腹カメラを1937年から作っていた。この新スーパーバルディナはその後継機種で蛇腹をやめて機能を一新した新型カメラである。テレスコープフロントという、撮影時にレンズ左上のボタンを押すとレンズが1cmほど勢いよく自動的に飛び出す、いわゆる沈胴タイプの設計である。レンズをボディに押しこんでおくと、わずか1cmではあるが非常に携帯性がよくなる。この時代は蛇腹に対抗するためか沈胴が一種の流行りだったらしく他のカメラでも同様の沈胴機能を見かけることがある。蛇腹カメラが終焉を迎えようとしていた時期だけに、長く親しんだ折畳の携帯性のよさを捨てきれなかったのかも知れない。
 レンズはシュナイダーのクセノン50mmF2か同ラジオナー50mmF2.8(写真)がついている。シャッターはプロンターSVS、スピードは B、1- 1/300秒、セルフタイマー、X、M接点付。レンジファインダーは「一つ目」式等倍、明るくクリアで写しやすい。吊環用のアイレットもあり今使っても何不自由のない仕様をもったカメラである。












Home | Thumbnail | Frame |