スクリューマウント・ライカ・比較表

Leica III
 ライツの技師オスカーバルナック(1879-1936)が基本的な設計をしたことから、ライカM3以前のライカをバルナックライカと呼ぶこともある。海外ではスクリューマウントライカという表記が一般的である。



 ライカ製造
初年
レンズ
交換
RF吊環スロ
高速 シン
クロ
備 考
1A1925 500 ライプチッヒ見本市でデビュー
2B1926 300 コンパーシャッター付き
3C1930 500 指定レンズのみ交換可能
4II1932 500 初のRF、日本名D2
5III1933 500 初のスローシャッター、日本名D3
6IIIa1935 1000 高速が1/1000秒になる
7IIIb1938 1000 アイピースの間隔が狭くなる(20-->6mm)
8IIIc1940 1000 戦前型、初のダイキャストボディ
9IIIc1945 1000 戦後型
10IIc1948 1000 スローなしモデル
11Ic1949 1000 RF、スロー無し。顕微鏡用など特殊用途
12IIIf1945 1000 ブラックシンクロ
13IIIf1950 1000 レッドシンクロ
14IIIf1954 1000 セルフタイマー付き
15IIf1951 1000 スローなしモデル
16If1952 1000 RF、スロー無し。顕微鏡用など特殊用途


◎スクリューマウント・ライカについての考察

Leica IIIf
Self Timer
1 フィルムの装填 今のフィルムはそのまゝでは先ず装填できない。フィルムの先端の細い部分(約4cm)を11cmまで鋏(はさみ)を使って延長するのがベスト。フィルムを切らない場合はテレホンカードなど巻き取り軸の近くに差し込んで装填する方法もある。
2 アイピース 測距用とビューファインダーの覗き窓(アイピース)が別々に分かれている。いわゆる「一つ目」にはなっていない。IIIa より前のモデルはその間隔が約20mm離れている。IIIb以降のモデルから6mmに狭まった。
3 シンクロ接点 シンクロ接点はIIIf から。初期の俗称「ブラックシンクロ」はシンクロダイアルを""に合わせると1/30秒以下で今の電気ストロボに同調する。「レッドシンクロ」は"20"の位置で1/50秒以下のスピードに同調する。
4 ボディ IIIb までは板金ボディ。IIIc から軽合金のダイキャストボディになり、縦横が約2mm大きくなった。
5 シャッター II型まではスロースピードなし。高速はIII型までは1/500秒、それ以降は1/1000秒になる。IIc、Ic、IIf、If はスロースピードなし。
6 アイレット II型まではアイレット(吊環用)がないので要注意。
7 セルフタイマー IIIf の最終モデルのみ。



本ページは「ライカマニュアル」(浦郷喜久男著 日本カメラ社刊)を参考にしました。
 ・初心者のための「バルナック型ライカの選び方、使い方
Home | Thumbnail | Frame |