バルダクセッテ I


 1936年(昭和11年)発売のこのカメラは「バルダックス」でおなじみの戦前ドイツのBalda社(Balda-Werk, Max Baldeweg, Dresden Germany)の645最高級機で、スーパーポンチュラの姉妹機である。

 バルダクセッテにはこの他6x6cmサイズ用のモデルIIもあった。

 レンズは75mmF2.9のトリオラン(Hugo Meyer Trioplan)か80mmF2.8のテッサー(Carl Zeiss Tessar)が付いている。

 よく写るカメラだがホールドし難いのが難点。測距窓とファインダーが離れているため速写となると骨がおれる。数が少ないのか市場でもあまり見かけない。


camera photo

camera photo  左の写真はバルダ・リセッテ、Photo Porst(Hans Porst,Nu:rnberg,Germany)という会社に、今でいうOEM供給されたカメラ。カメラそのものはもっとも普及したバルダックス6である。このカメラ専用の サイトもある。


バルダクセッテ1の仕様
特 徴距離計連動式スプリングカメラ
メーカー西ドイツ バルダ社、1936
フィルム120ブローニー 16枚撮り
レンズ カールツァイス テッサー80mmF2.8 コーティングなし
シャッターコンパー(T、B、1〜1/400秒、3枚羽根)
ピント調節レバー方式 上下像合致式で最短撮影距離は1メートル
ファインダー2つ目、ビューファインダーは逆ガリレイ式
パララックス自動補正
フィルム送り赤窓式
重 さ710g/鉄板ボディ


Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |