Certotix

初期のスプリングカメラ


 1931年、ドイツのツェルト社製のスプリングカメラ。ツェルト社は1925年頃から120フィルムを使う6x9cmカメラをいろいろ作っていた。それらの多くは自動起立型ではなく、いわゆるホールディング・ベッドカメラと呼ばれる方式だった。このツェルトティックスは、この頃ようやく出始めたスプリング起立式のはしりのカメラで、ボタンを押してベッドを開くと撮影状態に組み上がる、いわゆるスプリングカメラである。6x9cm折り畳み式のカメラの中では最も軽量カメラのひとつ、420グラムしかない。
 ファインダーはこの頃の定番の反射式に加えて、起立式の透視ファインダーを備えている。

 レンズは有名なメイヤーゲルツのトリオプラン、焦点距離は10.5cm、明るさはF6.3。焦点合わせは目測で前玉回転式、最短撮影距離目盛りは2メートルであるが、もっとレンズを繰り出すと1.2メートルくらいまで寄れる。絞りの目盛りもF22までだがもっと絞ればF32くらいにはなりそうだ。

 シャッターはバリオ(VARIO)で、エバーレディー式の簡単なものだが今でもかなり正確に動作する。最高速度は1/100秒、セルフタイマーは付いていない。

 レンズの下にレリーズ受けの穴があるが、これはシャッターレリーズ用ではなく短いレリーズを格納するためのものだ。レリーズを格納したまゝレンズベッドを畳むことができる。



camera photo





Certotixの主な仕様
メーカーCerto Kamera Werk(Dresden, Germany)
製造初年1931
使用フィルム120型、8枚撮り
大きさ / 重さポケットに入る / 420g
レンズMeyer Go:rlitz Trioplan 10.5cm F6.3
最小絞りはF22
シャッターVARIO T, B、1/25〜1/100秒
ファインダー起立式透視型および反射型
距離計なし、目測で前玉回転式で合わせる
フィルム送り赤窓式、カバーなし



【使用感】
 大変目方の軽いカメラだ。ビューファインダーはどちらもあまりあてにならない。このレンズはF11以上に絞らないと周辺光量不足がもろに出る。



【作 例 1】  by Certotix
         Go:rlitz Trioplan 105mm F6.3 f16 1/100 NeopanSS
sample photo


Home | Thumbnail | Frame |