フェド 1

ロシア製コピーライカ


camera photo
FED1

 フェド(FED)の名前の由来は、Felix Edomundovich Dzerzhinsky という人名からきている(Mckeown's Camera Price Guideから)
 一連のフェドの中では最もライカに似たモデルである。以後のフェドは外観がロシア製らしいルックスになり一目でフェドとわかるものに変わっていった。製造初年は1935年。距離計の連動をはじめて可能にしたライカII型をその発売から3年後にデッドコピーしたものである。したがってこの初期モデルの外観はライカII型にそっくりである。カメラのトップを見ればすぐそれとわかるが遠目にはライカと見まちがうことも多い。
 装着レンズはフェド50mmF3.5。これはエルマー5cmF3.5のデッドコピーである。古いエルマー同様大陸絞り。当然のことながらスロースピードはついていない。ボディトップのロシヤ文字のロゴによって、ライカでないことはすぐわかるがルックスは殆どエルマー付きライカII型である。






フェド1の主な仕様
メーカーDzerzhinsky Commune,Kharkov,Ukraine
製造初年FED1/1935年(〜1955)
フィルム135(35mm) 36枚撮り
ピント合わせ回転型ヘリコイド(ライカスクリューマウント)
レンジファインダー二重像合致式
ビューファインダー逆ガリレイ
レンズFED 50mm F3.5 最小絞り F18
シャッター布幕横走フォーカルプレーン B、1/20〜1/500秒
最短撮影距離1メートル
フィルム送りノブ式
重さ530g
その他吊環用アイレットなし





【使用感】

 フェド1は、ライカII型(日本名D2)のデッドコピーなので操作はスクリューマウントライカと何ら変わりはない。しかし操作のフィーリングや各部の動きは全体に重くライカのような精密感は全く感じられない。特に巻き上げは、このサンプルだけかも知れないが、フィルムが入っていなくてもヤケに重い。壊れても仕方ないと無造作な使い方をしているが、壊れない。ライカは優雅で華奢(きゃしゃ)に見える(実際はものすごくタフ)が、このカメラは頑丈で実用一点張りの印象を受ける。
 ライカの距離計連動用のアームの先にはおなじみの回転するローラーがアームについている。これに対してフェド1はこの部分がローラーの代わりに小さな爪のような金具になっている。その形状の違いから装着しても連動しないレンズもあるから注意が必要だ。ちなみに手持ちのニッコール105mmF2.5をつけてみると距離計が全然動かない。タナー135mmF3.5も同様使えない。レンズの後ろのローラーに当たる部分が円周になっているレンズは問題ないが、望遠系のローラーを単に押すタイプのレンズは使えないと思われる。手持ちのエルマーをFED1に付けてみたら無限ストップが5時の位置になった(ライカは7時の位置)。
 ライカII型もそうだが、吊環用のアイレットがないため裸で持ち歩くには難がある。このフェド1には立派な本革製速写ケースがついていたのでケースごと撮影してみたが操作性は悪くない。沈胴FEDレンズ専用のケースなのでレンズ部の出っ張りが薄くカバンに入れてもかさばらない。





【作 例】 by Fed1 FED50mm F3.5
        f4.5 1/200sec Fuji Presto ISO100
sample photo by FED1
(99' 1 July)

Home | Thumbnail | Frame |