Graflex Back Film Magazine

 Graflex Cut Film Magazineと呼ばれるユニークな4x5インチのシートフィルムマガジン。連続して12枚撮影が可能である。
 マガジンの厚みは約40ミリ、グラフィックバックのようにグラフレックスにピントグラスが必要ないので、厚みに制限を受けることがなく12枚撮りを可能にしている。

 中には写真のようなSeptumと呼ばれるシートフィルムを保持する薄い金属板が12枚あり、1枚撮影が済むとこれ(一番上のSeptum)を横のレバーを引いて袋にかき出し、袋の上から手でつまんで一番下に差し込む原始的な方法をとっている。やってみると、そう難しくはなくスピグラ用のGrafmatic Film Holderほどカッコよくはないが実用的である。ホルダー後部の中央(名板の下)には赤窓がありSeptumの背に印刷された番号を見ることができる。数字(番号)は撮り終わった枚数になる。重さは約700グラムある。