スーパーセミイコンタ(スーパーイコンタA)

日本人の手に合う大きさ


 セミ判なので小さく軽く、折りたためばジャンパーのポケットに入ってしまう。戦前、戦後を通じて日本人に最も人気のあったセミ判スプリングカメラ。

 スーパーイコンタは1934年(昭和9年)に初期型が発売されて以来、戦中戦後の一時期を除いて1959年(昭和34年)頃の最終モデル(写真)まで生産が続けられたロングライフの高級カメラである。その間、若干のマイナーチェンジはあったが基本的な性能は初期の製品で完成されていた。強いてその変化を挙げれば、ビューファインダーの改良、二重露光防止装置追加、レンズのコーティング、シャッターの最高速やシンクロ接点の追加くらいのものである。シンクロ接点付きのモデルでもボディにアクセサリーシューがついていないのでシンクロ撮影はやりにくい場合がある。スーパーセミイコンタ(スーパーイコンタA)は6x9cmスーパーイコンタ(C)を相似形で小さくしたと言ってもよく、バリエーション、スペックは6x9cm判とほゞ同じ。



 Super Ikonta A




スーパーセミイコンタ(532)の主な仕様
メーカー西ドイツ ツァイスイコン社
使用フィルムブローニー120型、セミサイズで16枚撮り
大きさ・重さポケットに入る / 450g
レンズTESSAR 75mm F3.5 カールツァイスまたはオプトン
最小絞りはF22で、戦後型はコーティング有り
シャッターシンクロコンパーB、1〜1/500秒 M、X接点付き
ファインダー二つ目式、距離計用窓と折畳式アルバダファインダー
距離計ドレイ・カイルプリズムによる二重像合致式
機械的結合がないので正確で堅牢
フィルム送り赤窓式。初期型の一部を除いて
二重露光防止装置がついている



【購入のポイント】

 6x9cm判とならんで人気の高い機種。最終型が最も人気が高く、中でもカールツァイステッサーの付いたものは数が少ないため高価である。



【その他】

 距離計のないモデルは単にセミイコンタ(イコンタA)と呼ばれ、その廉価版の セミネッター などもあった。小型軽量なのが魅力。


Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |