コダック 35



camera photo  コダック 35RF

 コダックの35mmカメラで有名なレチナはドイツコダックの製品。コダック35RFは1940〜51年に作られた純アメリカ製35mmカメラである。
 レンズは Kodak Anasitigmat Special 50mm F3.5 や Kodak Anaster 50mm F3.5 がコダック得意のフラッシュマチックシャッターに組み込まれている。コダックの蛇腹カメラや2x3スピグラに付いているものと同じ0番シャッターをそのまゝ35mmボディに苦労して取り付けている。従ってシャッターはボディではなく、直接レンズシャッターのレバーに指を伸ばしてリリースする。距離合わせは前玉回転式で連結したギヤを回して合わせ、前玉のリングがエキセントリック(偏芯軸)になっていて、これにタッチしたレバーがボディ内のミラーに動きを伝えるという、このカメラ独特の連動機構である。距離合わせは上下像合致式で測距用窓がビューファインダーとは別に設けられている。ビューファインダーはガリレイ式で0.6倍見当の倍率がかゝっている。シャッターチャージはフィルム巻き上げとともにコッキングされるが、フィルムを巻く前に巻き上げノブの隣にあるボタンを毎回押さなければならない。ボディはプラスチックでシボは皮張りではなく直接プラスチックに刻んである。

 写真のモデルは Kodak Anastar 50mm F3.5 付きで1950年の製品である。シャッターは Frash Kodamatic でスピードは T, B, 1/10〜1/200秒、スロースピードは付いていない。シンクロ接点はコダック型で各スピードに同調する。重さは680グラムでこのクラスのカメラとしてはやゝ重い。

【使用感】
 目方は680グラム、F3.5レンズのカメラとしてはチト重い。上下像合致式のレンジファインダーは明るく合わせやすい。覗き窓が小さいのも誤差が少なくてよい。ホールドはいゝとは言えず、慎重に撮らないとカメラブレを起こしそうである。写りは一級品。





camera photo  コダック35

 写真右はレンジファインダーのないモデル、コダック35。起立型のファンダーはガリレイ式で倍率は0.5倍程度。後ろにパララックス補正ダイアルがあり、4フィートから∞までの目盛りはかなり細かく距離をセットできる。 parts photo
 レンズは Kodak Anastigmat Special 50mm F3.5、1946年製。シャッターはRF付きと同じ Frash Kodamatic である。
 重さは545グラムとレンジファインダーのない分軽くコンパクトにはなっている。アクセサリーシューが付いているが、ファインダーと巻き上げノブが邪魔になって現在のストロボは殆ど取り付けることができない。当時はフラッシュガンがポピュラーで図のようなピーナッツバルブ用ガンなら何とか取り付けられる。





 コダックレンズ製造年の判別法

 最初の2文字(アルファベッド)は製造年の下二桁を示していて下の表のように対応している。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
C A M E R O S I T Y

 上のKodak35-RFの Kodak Anastar はレンズ番号が RY 21675 である。最初の2文字は RY であり、表から50すなわち1950年製ということになる。




Home | Thumbnail | Frame |