コダック Pony 135


camera photo  コダックポニー135は1950年代に作られた大衆向け、入門クラスのアメリカ製35mmカメラである。レンズは Kodak Anaston Lens 51mm F4.5 でコーティングされている。沈鏡胴方式で撮影時にレンズ部分(シャッター)を引っぱり出し右に回転して固定する。シャッターチャージはセルフコッキングにはなっていないがシャッターボタンはボディに組み込まれている。距離合わせは目測式前玉回転方式で2.5フィートから∞に合わせることができる。ビューファインダーはガリレイ式0.7倍見当の倍率で単純な構造のせいか見えはクリアである。フィルムの巻き上げは毎回ボディの後部にあるワインドレバーを右に押して行う。ボディは総プラスチック製でシボは皮張りではなく直接プラスチックに刻んである。

 写真のモデルは1953年頃の初期製品である。シャッターは Kodak Flash 200 Shutter で、B, 1/25〜1/200秒のスピードが得られる。スロースピードは付いていない。シンクロ接点はコダック型で各スピードに同調する。重さは460グラムでこのクラスのカメラとしては軽い方だ。


Home | Thumbnail | Frame |