コダック No.2 Folding Pocket Brownie



Kodak No.2 Folding Pocket Brownie  1904〜1907年頃に作られた木製ボディ革張りの折り畳み式蛇腹カメラ。このWEBでは最も古いカメラのひとつである。革張りは今もきれいで作りも大変丁寧である。大小全ての部品がボディに木ねじで止められている。
 コダックブローニーのNO2型は比較的珍しく、120型ロールフィルムが使用できるのが特徴で今でも31/4 x 31/4 (6x9cm)の撮影ができる。
 レンズは2枚張り合わせの単玉メニスカス(色消し)が採用されている。焦点距離は実測で120mmくらい。シャッタースピードはT、B、Instantの3速で、Instantはエバーレディ式、1/30秒くらいのスピードが得られる。
 レンズの前に円形の綺麗なアイリス絞りがあり、1,2、3の番号目盛りがふられている。フルオープンでF11くらい、目盛り1がF12、2はF25、最小絞りの3はF45くらいになる。いわゆるベス単型のフード(開口制限穴)は付いているがねじ込み式ではなく簡単に取り外すことはできない。しかし、フードの穴は大きく絞りをフルオープンにしても開口部は十分見えるので、ベス単のように絞りの開口を制限されることはない。ということは、ひょっとしたらベス単なみのソフトな写真が撮れるかも知れない。ファインダーはベッドのわきに付いている大型のレフレックス型のみである。縦位置撮影のために90度回転することができる。まだワイヤーフレームのファインダーは付いていない。ベッドの底部には三脚ネジ(小ネジ)が埋め込まれている。

Home | Thumbnail | Frame |