ライカCL、ライツ・ミノルタCL

コンパクト・ライカ

camera photo  1973年に発売されたコンパクト・ライカ。ライツとミノルタが提携した最初の製品。日本国内では Leitz Minolta CL、その他の国では単に Leitz CL として販売された。写真は Leitz Minolta CL Mロッコール90mm付き。

 ライカM5のコンパクト版ともいえるこのカメラは中央重点測光式のTTLを備えている。M5の半分以下という価格が当時話題を呼んだ。目方は515g。ボディはライツが設計を担当し、ミノルタが製造した。ライカCLには Made in Japan for Leitz Wetzlar の刻印がある。

 ファンターはM型ライカと同様クリアで、パララックスが自動補正される。40mmと50mm用フレームが常に表示されているが90mmレンズを付けると50mmのフレームは消える。

 ミノルタCL用のMロッコール40mmF2はシャープでボケもきれいな優秀なレンズである。


ライカCL、ライツ・ミノルタCL用レンズ

名 称 焦点距離
(mm)
明るさ
(F)
最小絞り
(F)
最短撮影
距離(m)
構成枚数
(群・枚)
フィルタ
ー径(mm)
重量
(g)
全長
無限遠
mm
ズミクロン-C 40 2 16 0.8 4・6 シリーズ5.5 125 22.5
エルマー-C 90 4 22 1 4・4 シリーズ5.5 250 60.5
MロッコールQF 40 2 16 0.8 4・6 40.5 125 22.5
Mロッコール 90 4 22 1 4・4 40.5 250 60.5




【作 例】 Sumicron(L) 50/F2  F11 1/250  Kodak Gold100(Jun'91)
sample photo

Home | Thumbnail | Frame |