Leotax F

優秀なライカ型カメラ


camera photo  レオタックスカメラ社は戦前からライカ型の35ミリカメラを作っていた。戦後はいち早く、昭和22年にレオタクススペシャルDII、DIIIを発売した。写真のレオタックスFは昭和29年(1954)に発売されたライカIIIFをお手本にしたモデルである。この年にはライカM3が発売されている。ちょっと目にはライカIIICと見間違うほどルックスが似ている。国産カメラにしては梨地メッキもしっかりしたきれいなものでトップのロゴを見ない限りライカと思ってしまうくらいだ。しかし細かく観察すると何箇所か違いがある。先ずボディの大きさがライカより少し大きく、その分重さも増えている。ルックスの大きな違いはライカIIIF後期に付けられたセルフタイマーの位置に小さなF、X接点の切替レバーが付けられたことである。ライカのセルフタイマーレバーはこれよりかなり大きいのでIIIF後期のデザインとはあきらかに違うし、IIICにはセルフがないのでこの切替レバーがあることでライカではないことが一目瞭然である。ライカにある定番の視度調整レバーはこのレオタックスFにはない。さらにファンダーの対物窓の形がライカとは違う。これらの微妙な違いは欠点というものではなく写真を撮る上で何の支障もない。美しい仕上げと頑丈なつくりのこの純日本製ライカ型カメラは作られて半世紀以上経った今も元気に正常に動いている。
 標準レンズはライカエルマーのコピー、沈胴式シムラー50mmF3.5の筈だがこの機にはニッコール50mmF2がついていた。日本光学はライカスクリューマウントカメラを持たずレンズだけをニッカに供給していたという。このレンズ以外にニッコールのスクリューマウントレンズは35mmF2.5、50mmF1.4や105mmF2,5がある。レオタックスに供給していたかどうかは不明であるが市場で見かけるレオタックスにはニッコールの付いたものが多い。
 このほかライカ型カメラには、キヤノン、ニッカ(ニッポン、ヤシカ)、ミモルタ、チヨカ(チヨタックス)、タナック、メルコンオーナー(イチコン)、アルタ、ゴコク(リコール)などがあった。



レオタックスFの主な仕様
メーカーLeotax Camera CO.,LTD
製造初年1954年
フィルム35mm 36枚撮り
レンジファインダー二重像合致式 倍率1.5倍
ファインダー逆ガリレイ式
レンズシムラー50mmF3.5、沈胴式、最小絞りF16
シャッター横走り布幕フォーカルプレーンT、B、1〜1/1000秒、
F、X接点切替式
撮影最短距離0.9メートル
大きさ・重さ485g(ボディのみ)
その他吊環金具付き



関連サイト
 ・エド・ロムニーの「Leica Camera Repair 日本語版CDR
 ・初心者のための「バルナック型ライカの選び方、使い方



Home | Thumbnail | Frame |