ライカ M3

Leica M3 Photo
 ドイツのウェッツラーでライカが誕生して今日まで約90年になる。この間、製造されたライカは150万台を越えている。ライカは発売当時から精密、堅牢、軽量小型カメラとして注目されていた。しかも小型カメラながら写した写真の画質が優れていることに加えて、名刺判蛇腹カメラの全盛時にあって、当時としては他に類をみない画期的なカメラであったため多くのユーザーに支持された。今日全盛の35mm判の基礎になったカメラである。
 以来、たゆみなき改良を重ねてライカは成長していった。ライツの技師オスカー・バルナックの発明によるところから、今日ではこの時代のライカをM型と区別するためにバルナック型ライカと呼んでいる。時は流れて1954年ライカM3が誕生しM型ライカの時代が始まり現在に至っている。発売当時ライカM3は自他ともに許す世界最高峰のカメラとしてその名声を世に轟かせていた。時代は移りドイツ経済の復興とともに労働コストの高騰、日本製量産カメラの台頭、やがて訪れる経営難から他企業による資本介入などライツは苦難の道をあゆむことになる。この間世に出されたライカはM2、M4、M5と続き今なおM6という優れたライカを世に送っている。


Lens Photo こゝに昭和7年(1932)頃に作られたエルマー5cm F3.5というレンズがある。昭和7年頃といえば、日本ではわずかなカメラメーカーが欧州の蛇腹カメラをまねていた時代である。エルマー5cmは大正13年(1925)にライカ1型用として登場し、以後1961年までの37年間、ライカの標準レンズとして君臨した名レンズである。当時クロームメッキ技術はまだなくレンズの鏡胴はニッケルで作られている。70数年経った今、ニッケルはまだ美しい光沢を放っている。戦前のレンズなのでコーティングはなくガラスの表面に色はついていない。
 このエルマーは今でもカレントモデルのM6ライカに付けて撮影することができる。エルマーに限らずライカのほとんどの交換レンズは現行のライカに付けて撮影することができる。写してみても今のレンズのように変にカリカリすることもなく、それでいてたいへん
シャープな描写をする。カラーの逆光はさすがに苦しいが、それ以外の撮影では立派に現在のレンズと対抗し得る性能をもっている。

 この4分の3世紀の間に作られたすべてのライカは今でもオーバーホールなどのメンテが可能である。当時カメラは”一生もの”といわれたそうだがライカがそれを証明していることは間違いない。10年前に大枚をはたいたレンズもニューモデルでは使えないというのは当たり前の現在、半年に一台の新製品を発売するメーカーも珍しくない。少し前のモデルでも部品のストックのないものも多く、壊れたら買い替えるのが当たり前の時代になってしまった。もっとも高性能のカメラを低価格で買える時代を否定するわけにもいかないし、今はそれが当たり前の時代でもある。

 ライカは誕生以来そのボディに連番がふられ、しっかり管理されて ライカ年表として残っているし、そのまゝ現在に引き継がれている。同じボディ番号のライカは存在しないし、その番号から作られた年代が確定できるのも他のカメラにはない特徴である。

 ライカのレンズには優れたものが多い。バルナック時代のエルマーやM型時代のズミクロンは評判通りのレンズだ。ワイドにも優秀なレンズが揃っているが、中でもズマロン35mmF3.5は比較的安価でカラー撮影にも威力を発揮する。テレ側は何といってもエルマー9cmだろう。製造本数が多いため安価で軽量なのがその理由である。135mmはファインダー視野内のフレームが小さくレンジファインダーには向かない。この辺は一眼レフに任せるのが懸命だ。

 戦後日本のカメラ産業はライカのコピーから始まった。そのためライカマウントのレンズが数多くつくられ、中には優れたレンズも多数存在する。これらのレンズの味を賞味するのもライカオーナーの楽しみのひとつである。キャノン25mmF3.5、100mmF3.5、ニッコール35mmF2.5それに50mmF1.4はその代表とも言える。

 ライカの魅力はなんと言っても精密、堅牢、軽量につきる。加えて古いレンズの味を楽しんだり、最新のレンズを装着してヌケのよい印画を得るのも魅力である。F2やF1.4によるノーフラッシュ撮影は今の中級機では無理である。

 ライカ使いの写真家木村伊兵衛さんは数あるライカの中で特にM3を好んで使ったと言われている。

 発売当時のライカM3の広告


関連サイト
ロムニーのLeica Camera Repair
資料コピー・サービス
夢のカメラ ライカM3


【作 例 1】 M3 Sumicron 50mm F2 F8 1/500 Kodak Gold 100S Sample Photo


Home | Thumbnail | Frame |