マミヤ-6

camera photo  戦前戦後を通して販売されたマミヤ-6には種々のモデルがある。
 全てのモデルの基本になったのは太平洋戦争直前の1940年に発売されたI型という初期のモデルである。バックフォーカスというユニークな機構で登場し世界から注目された。その後III型に引き継がれこのモデルは終戦直後まで生産された。以来1959年頃のスプリングカメラの終焉期まで多くの改良モデルが発売されている。I型とIII型にはボディに埋め込まれた反射型ファインダーが付いていた。
 戦後間もない1947年(昭和22年)秋にマミヤ-6 IV型が発売された。1953年頃まで製造された比較的ロングランのモデルである。写真はその後期のもの、別売の接写用のオートアップが付けられている。50cm〜1メートルのクローズアップ撮影が可能だ。このIV型はそれまでのクラシカルなデザインが一新されてスマートになり、機能面でも強化されたモデルである。このモデルから反射型ファインダーは廃止された。

 戦後各国でいろいろなスプリングカメラが生産されたが、マミヤシックスは性能の面では常に他をリードしてトップの座を守っていた。ユニークなバックフォーカシング方式のピント合わせ、自動巻き止め、シャッターのセルフコッキング(一部のモデルのみ)ズイコーレンズの採用など高級蛇腹カメラの条件を満たしていた。

 独特の焦点調節機構

 蛇腹カメラのピント合わせはレンズを繰り出すか、レンズの一部を回転させて調節する前玉回転式が一般的である。
 マミヤ-6のバックフォーカス方式は、レンズはしっかり鳥居(レンズボード)固定されていて繰り出されることはなく、ボディ内のフィルム面を前後に動かしてピントを得る仕組みである。したがって連動のメカニズムはベッドの開閉には関係なく、ボディ内部のメカの連結だけ行うことができる特長をもっている。これはボディの厚みが若干増えてもピント機構がシンプルになり、ベッド開閉によるピント機構の狂いを生じることはなく、正確なピント調節機能を長期間維持することができる。
 折り畳みカメラの連動機構は各社によっていろいろ複雑なレンズ繰り出しと連結機構が考案されているが、マミヤシックスはこんな困難を避けてフィルム面を前後させるという、いわば戦前における発想の転換を実戦したカメラといえる。これが後期のモデルではシャッターのセルフコッキングを可能にしたのである。いや、開発者の間宮精一さんはこの辺までも視野に設計されたに違いない。

マミヤ-6 IV型の主な仕様
メーカーマミヤ光機
製造年1947〜53年
フィルム120ブローニー 6x6cm 12枚撮り
ピント合わせ独自のバックフォーカス式
レンジファインダー一つ目、二重像合致式
ファインダー逆ガリレイ式
レンズD.ズイコー75mmF3.5(3群4枚)最小絞り F22
シャッターセイコー舎 B、1〜1/500秒 シンクロ接点付き
撮影最短距離1メートル、Auto Up(0.5-1m)
フィルム送り自動巻き止め(赤窓併用)
大きさ・重さ6x6cm判標準 / 820g
その他二重撮影警告装置付き

Auto-Up(Close up用)



【IV型の使用感】
 ボデイは堅牢で仕上げも美しく、戦争直後の製品としてはメカ部分も精密に仕上げられている。距離計連動機構の光学系が一体化されていて、バックフォーカス式ということもあって狂うことは少ないだろう。6x6cm判75mmレンズのカメラは数多くあるが、右手親指で操作できるピント合わせは一級品。操作性は大変よい。
 このモデルの二重露光防止はファインダーの中に現れる赤いマークの警告によるものでメカ的に防止されるわけではない。この赤いマークはシャッターをレリーズすると現れ、巻止め解除レバーを操作すると消える。
 フィルムの自動巻き上げは、赤窓に1番を出しその後のコマが自動ストップになる方式だ。機構がシンプルなだけ巻き上げ機構の故障も少ないだろう。事実、このサンプルでも自動巻き上げは安定に働いている。距離計の二重像は分離がよく合わせやすい。
 レンズは一級品、いまなお実用機として使える6x6cm判スプリングカメラである。市場価格も安定しているのでお薦めの一台。

 

 マミヤ-6 V型 6x45、6x6cm 兼用機 1953年発売
 当時の経済事情からセミ判で写したいユーザーに応えて対応したモデルがあった。しかし自動巻上げではなく二つの赤窓を利用する簡易仕様のものだっだ。
 このV型は6x6cm判、645判の切り替えが簡単にでき、双方とも自動巻止仕様の優れたモデルである。フィルムの装填は最小の一枚目だけ赤窓を使いあとは自動巻止めとなる方式だ。赤窓はフィルムの装填時に使用するだけで撮影時に赤窓を見ることはない。
 レンズは早いモデルから採用されているD.ZUIKO 75mmF3.5(テッサータイプ)、最小絞りはF22、マミヤ-6で最も多く採用されているレンズである。シャッターはSEIKOSHA-RAPIDになり最高速は1/500秒。
  マミヤ-6 V型 フィルムの装填方法
  1. フィルムを一本撮りおえて、フィルムを取り出した状態では番号表示は1番を指している。この状態で巻上ノブは1番のまま、どこまでも自由に回る。次のフィルム装填のためである。
  2. 次のフィルムを入れて(このときフィルム押さえ用の板を入れることを忘れないこと)、赤窓にフィルムの1番が出るまで巻いていく、すなわち1枚目の撮影状態にするためである。
  3. 1枚目の撮影が終わったら、巻止解除レバーを押して止まるまでノブを回す。
  4. 以下同様の操作で撮影する。
  5. シャッターをレリーズするとファインダー内に赤いマークが現われる。これはまだフィルムが巻かれていないことを示すマークになる。
  6. 巻止め解除レバーを押すとこの赤マークは消える(このときは必ずフィルムを巻いておく必要がある)。
  7. 12枚目の撮影が終わって巻止め解除レバーを押すと巻上ノブはフリーになり、番号指示は1番で止まる。すなわち1の状態に戻る。

 マミヤ-6 オートマット セルフコッキング 1955年発売
 シャッターのセルフコッキングを可能にしたモデルでスプリングカメラでは世界で初のスペックといってもいい。この種の蛇腹カメラはフィルムを巻いてもシャッターはコッキングされないのが普通だ。シャッターを押す前に必ずコッキング(セット)という操作が常に必要なのである。
 このマミヤ-6 オートマットは、コンパクト35ミリカメラと同じような感覚で、フィルムを巻けば蛇腹の先の方についたシャッターを簡単に撮影状態にセットしてくれる(セルフコッキングという)。実際に撮影してみると操作性はバツグンで、速写性が向上している。付いているシャッターは00番 SEIKOSHA-MXだが、このシャッターの1/500秒のコッキングはかなり力がいり指が痛いくらいである。このオートマットは”イトも簡単に”これをやってのける、巻上ノブの直径が約3mm大きくなったのはコッキングのトルクを稼ぐためだろう。
 フィルム装填はスタートマーク式だが何故か赤窓が付いている。ボディは上のV型に比べるとかなりスリムになった。マミヤ-6の多くのモデルは概して"太くて大きい印象"は否めないが、このスリム化はホールドの面でも大きな進歩といえる。
 レンズは定番のD.ZUIKO 75mmF3.5、シャッターはSEIKOSHA-MXになり全速度のストロボ撮影が可能になった。
 蛇腹カメラの終焉期に完成したモデルで、最も進化したスプリングカメラと云えるが販売台数は少なかったのか市場ではあまり見かけない。スプリングカメラの最高峰といわれるツァイス・イコンのスーパー6も撮影時の操作性においては遠く及ばない。
  オートマット フィルムの装填方法
  1. 裏蓋を開きフィルム番号窓に"赤いポッチ"が出るまで巻上ノブを回す。
  2. フィルムを入れて、巻取りスプールの上の"丸いポッチ"(スタートマーク)にフィルムのスタートマークがくるまでノブを回す。ノブを回しても番号窓は"赤いポッチ"のままである。
  3. フィルム押さえ用の板を差込み裏蓋を閉めてフィルムを巻き始めると"赤いポッチ"が消え、巻き続けるとフィルム番号窓に1が表示され自動的にとまる。
  4. この時点でシャッターはコッキングされているのでそのまま1番の撮影ができる。
  5. シャッターをレリーズすると巻止めが解除されるので、巻上ノブを止まるまで回すと次の番号が出て止まる。
  6. 12枚の撮影が終わって、ノブを回すとすぐ番号窓に"赤ポッチ"が現われ、以後ノブはどこまでもフリーに回る。
  7. 巻取りの完了は赤窓で確認すると間違いない。

Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |