モスクワ 5型

スーパーイコンタの優秀なコピー


camera photo  旧ソビエトのカメラは都市名を冠したカメラが多い。この6x9cmスプリングカメラは「モスクワ」、当時最高傑作と誉高い旧西独ツアイスイコン社のスーパー・イコンタ(C)をそっくりコピーしたシリーズもの。モスクワの初期型は何から何までスーパーイコンタそっくり、全くのデッドコピーである。

 このモスクワ5型はモスクワ系列の最終機で、1959年(昭和34年)までモスクワ近郊の"KMZ" (krasnogorsky Mehanichesky Zavod - the Krasnogorsk mechanical factory)で生産され、スーパーイコンタの生産終了と時を同じくしてこちらもデイスコンとなっている。マイナーな変更点を除いてスーパーイコンタのコピーであることに変わりはない。
 デッドコピーに徹して来たシリーズもこの5型になってやっと独自の外観デザインを採用した。進歩したのは軍艦部で金属製の1枚のトップカバーになった。ビューファインダーは、軍艦部内部にある二重像用の棒プリズムが邪魔するので、中央にはなく右端に追いやられた。そのため近距離ではかなりのパララックスがある。ビューファインダーは、スーパーイコンタでは視野の右側が少こし「招き猫(ドレー&カイルプリズム)」でケられるがこのモスクワ5は左側がケられる。逆ガリレイ型の視野は0.7倍程度の倍率がかかっているが明るく見やすい方である。すぐ上の軍艦部のツマミで6x6、6x9の視野の切り替えが可能。大きさ、重さはスーパーイコンタと殆ど変わらない。



モスクワ5の主な仕様
メーカーKMZ(krasnogorsky Mehanichesky Zavod
- the Krasnogorsk mechanical factory)
使用フィルムブローニー120型 6x9cm判8枚撮り 中枠使用で6x6cm判撮影可
レンズインダスター24 105mm F3.5 (テッサータイプ)
最小絞りF32 コーティングあり
シャッターモーメント24C B、1〜1/250秒 X接点付き セルフ内蔵
ファインダー逆ガリレイ式オプチカルファインダー 6x6cm判視野切替えあり
距離計ドレイ・カイルプリズムによる二重像合致式
フィルム送り赤窓式 二重露光防止装置付き
大きさ・重さ166x97x53mm(折たたみ時)、849g


【購入のポイント】
 スーパーイコンタに比べ、モスクワ5型は軍艦部がモダンになり価格も安いので使ってみたくなるカメラのひとつ。スーパーイコンタほどの数はないが市場には時々現れる。
 スーパーイコンタのビューファインダーに不満を持つ向きにはお薦めのカメラ。写りはこのクラスとしては標準以上、なかなか優秀である。タスキ部分は頑丈で強度は十分だが、精度が要求されるカイルプリズム部は内部歯車類の機械工作がお粗末で独イコンタの精度にはとても及ばない。このため品定めに際しては、ピントダイアルの回転が軽くガタなくスムーズに廻るかどうかを十分にチェックする必要がある。この「招き猫」部分の分解調整や清掃は不可能ではないが相当の手間を覚悟しなくてはならないので分解しない方が無難。赤窓は6x6、6x9の切り替えが可能でこれは裏蓋の内部で行う。使わない方の窓は開かない構造になっている。


Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |