パール

  パールの歴史は古い。1909年(明治42年)、まだ六櫻舎時代に「パール手堤暗函箱3号」というガラス乾板と118というロールフィルムが使える手札判カメラが最初のパールである。セミ判パールの最初のカメラは1938年(昭和8年)に発売されたセミパールである。セミとはブローニー半裁を意味する、すなわち6x9cmの半分のサイズのことで、昔からセミ判と呼ばれていた。今の645サイズのことである。一方、ベビーパールなどベビーと名の付くカメラも少なくないが、これはベスト判(127)フィルムの半裁を意味しセミ判とは別物である。
  セミパールは1949年(昭和24年)にパールと改称され、パールI、II,III型と改良され1958年のパールIV型が最終機となった。小西六(現コニカ)のセミ判スプリングカメラの総称が傑作機パール(PEARL)である。

  パールの特徴
  一連のパールのシャッターボタンはトップにはなくベッドの底に付いている。この方式はフォクトレンダーのBessaシリーズに見られるように、ベッドを畳んでもボデイトップとの連結メカがシンプルになりシャッターレリーズの軽いのが特徴である。カメラホールドもよくブレに強いカメラといえる。
  レンズはI型からヘキサー75mm(3群4枚)F4.5が採用され、II型後期から明るさはF3.5になった。「ヘキサー」はコニカの高級機に付けられるレンズであり、最近では高級カメラの名称にもなっている。シャッターはI、II型がデュラックス、コニラピッド、III型からセイコーシャになった。III型後期でMXF接点が付きストロボ撮影が可能になり、III型の最終機でMXL(ライトバリュー)が採用された。ライトバリューとはシャッタースピードを変えると絞りが同時に変化して同じEVをキープする機構のことである。ライトバリューはセット(AUTO)を外せば普通のシャッター、絞りが単独にセットできるマニュアル機に戻る。当時、カメラメーカーは熱病にかかったようにライトバリューを採用したが、露出計が連動しているカメラならともかく、あまり有り難い機能とは思えない。
  パールはI型後期からボディにアクセサリーシューが付き、早くからシンクロ撮影に意欲的だったことが窺える。アクセサリーシューの付いたセミ判スプリングカメラは非常に少なく特筆される機構のひとつといえるだろう。シュー付きは6x6判には多少みられ、6x9判では1950年代後半のスプリングカメラ終焉期に若干存在した程度である。


Pearl IVパール IV型
  1958年に発売された一連のパールの最終型。
  これまでの板金プレスからダイカストボディに変わり少し大きく重くなった。採光式ブライトフレーム、フィルムの自動巻止めなど他のスプリングカメラにはない新機構を備えているのが特徴である。また、ベッドが右開きになり右指でシャッターが切れる。セミ判スプリングカメラとしては当時どのカメラよりも優れていたが高級35mmカメラの台頭で需要が伸びずすぐに姿を消した銘機である。



パール II B

  パールII型は1952年に発売された初の連動距離型一眼式スプリングカメラ、一連のパールのひとつ。
  写真はパールIIB型で1955年に発売されたモデル。II型の廉価版モデルだが性能はII型とそれほど変わらない。レンズはヘキサー75mmF3.5、シャッターはデュラックスS、B、1〜1/400秒、シンクロターミナルはこのモデルからドイツ型に変わった。


Pearl 2B

パール III

  1955年にはパールIII型が発売された。大きく進歩したスペックのひとつはスタートマークによる自動巻き止めが可能になったことである。スプリングカメラでは特筆すべき仕様といってもいいだろう。セミ判フォールディングカメラでは、この後のパールIV型以外あまり例を見ない機構である。このため赤窓の必要がなくなり廃止された。スタートマーク式の巻き止め機構は6x6判フォールディングカメラでも同時代に発売されたスーパーフジカ6に見られるくらいである。
  写真は1956年パールIII型、シャッターはSEIKOSHA-MXになったモデルである。スピードは、B、1〜1/500秒、シンクロターミナルはM、F、Xの切り替えが付いた。レンズはヘキサー75mmF3.5、アンバーコーティング。


Pearl 3


パール II、III、IV型 の主な仕様
メーカー日本 小西六 セミ判スプリングカメラ
製造初年1955年(II,III)、1958年(IV)
フィルム120ブローニー 6x4.5 16枚撮り
ピント合わせ直進ヘリコイド
レンジファインダー二重像合致式
ファインダー逆ガリレイ式 採光式ブライトフレーム(IV型)
レンズヘキサー75mmF3.5(3群4枚)最小絞り F22
シャッターデュラックスS、B、1〜1/500秒 X,M接点
セイコー舎MXL、B、1〜1/500秒 X,F,M接点
撮影最短距離1メートル
フィルム送り赤窓(II)、自動巻止め(III,IV)
大きさ・重さ690g(II、III型)、750g(IV型)やゝ大きい
その他二重撮影防止装置付き


【使用感】
 パールIVはセミ判カメラにしてはやゝ大きいが操作性はよい。採光式ブライトフレームや自動巻止め機構は特筆すべきスペックである。ホールドしやすく、よく写る実用的なスプリング・カメラである。

Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |