ペトリRF


Petri-Semi  ペトリで知られる栗林写真工業は戦前から多くのフォールディングカメラを出している。1948年に初めてペトリの名を冠したペトリセミが発売された(写真)。単独距離計を持った、外観がプラウベルのロールOPに似たセミ判カメラである。軍艦部中央にポップアップするビューファインダーがありスライドツマミで上に飛び出す。距離計はこのファインダーをポップアップしないと二重像が出てこない。鏡面で90度偏角された二重像用の光が軍艦部内部を横に走る方式だからである。距離計は右肩前のリングを回し、二重像が合致したときの目盛りを読み取る方式である。レンズの前玉を回転させ、この値にセットすることで正しいピントが得られる。読み取り窓が小さく目盛りの中間では数字が見えないので不便な時もある。単独距離計は測距だけを行ってピント合わせを忘れることがあるので慣れが必要だ。小さな反射型ファインダーも付いているが小さくて見にくい。
 レンズはPetri Anastigmat 7.5cmF3.5でブルーのコーティング付き、スピードはT、B、1〜1/200秒、シンクロターミナルがあるが互換性はなく専用のものらしい。シャッターにはPETRIとあるがおそらくカーペルの初期のものだろう。何故か絞りは俗に言う大陸型でF4.5、6.3、9、12、18の系列になっている。

Petri-RF  右の写真、ペトリRFは1952年にデザインを一新してスマートなカメラとして世に送りだされたコンパクトなセミ判蛇腹カメラである。レンズはオリコン75mmF3.5、シャッターはカーペル(Carperu)で B、1〜1/200秒。このモデルも、まだ距離計はレンズに連動しない単独型である。1955年に発表されたペトリRF120は距離計連動になったようだが市場で見かけたことはない。同年にペトリスーパー、翌年にペトリ最後のセミ判カメラペトリスーパーVが発売された。


Petri RF Specifications
MakerKuribayashi Camera Works Japan
C.A.1952
Film120 6x4.5 16 Exp.
FocusFront cell rotating
Range finderUncoupled, Double image
View FinderGalilei
LensOrikor 75mmF3.5 (3lement,3-Group)
ShutterCarperu B,1 - 1/200Sec. Synch Kodak terminal
Focus Range1 Meter
Film supplyRed windows
Weight600g
OthersAccessory shoe



Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |