プロミネント 6x9cm


camera photo  1932年に発売されたフォクトレンダーの最初の距離計連動カメラである。まだツアイスイコンがスーパーイコンタを発表する前のカメラである。

 ご覧のように非常にアクの強いフォクトレンダールックスで、デザインは姉妹機ビルタス(6x4.5cm)やスパーブ(6x6cm判2眼レフ)と共通するものがある。

 日本では、カメラ上部の測距窓が戦艦の測距儀に似ているところから「戦艦」とか、花魁(おいらん)のかんざしに似ていることから「おいらん」と呼ばれていたそうだ。

 多くの蛇腹カメラがスプリングの力で起立するのに対して、このプロミネントはゼンマイの回転力でチェーン(鎖)を手繰(たぐ)って自動起立する仕組みいんっている。また、蛇腹の急激な膨らみで発生する内部の負圧をやわらげるためボディに二個の空気孔が付いている。ボディの開閉ボタンを押すとベッドが開き鳥居がスルスルっと出てきて撮影状態になる。実にスムーズな動きだ。

 レンジファンダーは基線長が90mmもあり、さらに倍率がかゝっていて測距精度は高い。プリズムを贅沢に使った上下像合致式で像は大変見やすい。ビューファインダーは逆ガリレイ式のクリアなものである。普段は兆番式のセミ判マスクをかぶっている。6x9cm撮影のときはこれを開いて使用する。工作は丁寧でしかも大変頑丈なカメラである。レンズは銘玉ヘリアで今でも大変シャープな画像を与えてくれる。
a part of camera photo  露出計がついているのも当時のカメラとしては珍しい。測定は光学式でフィルム感度はシャイナー0から30までである。測定窓を覗きながら外周のリングを回していき、現れる縞模様が消えたの絞り値とシャッター値の組み合わせを読む仕組みである。絞り目盛はF4.5〜22、シャッター目盛は40秒から1/2000秒まである。






プロミネントの主な仕様
メーカードイツ フォクトレンダー社
製造初年1932年
フィルム120ブローニー 6x9cm 8枚撮り、6x4.5cm 16枚撮り
ピント合わせ削り出しの大型ピントノブにより蛇腹が進退する
レンジファインダー上下像合致式 2つ目 基線長90mm
ファインダー逆ガリレイ式
レンズヘリアー105mmF4.5(3群5枚)
シャッターコンパー T、B、1〜1/250秒
撮影最短距離4 フィート
フィルム送り赤窓式
大きさ・重さ6x9cm標準 / 780g
その他露出計が付いている


Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |