リコーフレックス ニューダイヤ


RICOH New DIA  リコーは戦前から二眼レフを作っていたが、戦後まもない1950年にシンプルなリコーフレックスIII型を発売した。まだ市場にカメラが少なくローライフレックなど庶民には高値の華の時代、5,800円(ケース1,500円別売)というこの価格は大変魅力的なものだったようだ。故障が少なく、使いやすくてよく写ると評判のこのカメラは撮影レンズとビューレンズをギアで結合したシンプルな構造がコスト面で優れたカメラを誕生させたのだろう。戦前すでにフォクトレンダーのブリリアント・レフがこのギヤ結合方式を採用している。リコーフレックスIII型は戦後一大二眼レフブームを作った、そのきっかけとなったカメラとしても知られている。

RICOH New DIA  その後リコーフレックスは改良を重ねて1956年に写真のニューダイヤが登場した。安いリコーフレックスというイメージを一新した高級機である。この頃のミノルタ・オートコードの27,000円と比較すればリコーフレックスは高級機でもなお魅力的な値段だったといえる。上下のレンズまわりに一体型のレンズカバーが付き、絞りとシャッターの数値は上から見ることができるローライ方式になった。ルックスはローライフレックス35Cに似ているが、このカメラはピント合わせを左右のレバーを上下させて行い、底部におおきな距離目盛りが付いているのでよく見ればその違いがわかる。ローライフレックスは左手でノブを回してピンと合わせを行う。二眼レフは完成に近づくとルックスがどうしてもローライに似てくるのは仕方のないことか。
 ビューレンズはRICONAR VIEWER 80mm F3.5、撮影レンズもRICONAR 80mm F3.5(トリプレット型)で、シャッターはシチズンMXV、B、1〜1/400秒、MX接点でホットシューもある。レンズの上位バリエーションとしてセイコーシャMX付きのRIKENON 80mm F3.5(テーサー型)もあった。フィルム装填はスタートマーク式に進化して赤窓はなくなった。二重撮影防止機構が付いていないので撮影には注意が必要だ。ボディ内部を見ると内面反射防止用のヒダが付いている。戦後のローライフレックス・オートマットの初期機種ではこのヒダがなく内面反射に悩まされたものだ。ピント用のルーペを上げてフード前部を押すとスポーツファインダーになる。この頃の二眼レフでは標準的なものだがローライのようにスポーツファインダーにしたままピント合わせをすることはできない。スポーツファインダーは動きのある被写体を追うには必要な機能である。スポーツに限らず頭上の花などを撮るときにも必要になる。こんなときピント合わせができれば非常に便利である。値段の違うローライフレックスと比較してリコーフレックスがダメだというつもりは毛頭ない。コストパフォーマンスの優れた二眼レフでリコーフレックスの右に出るカメラはないと思う。重さは1,050グラム。ダイカストボディは初期ものより精密感がある。当時の価格は12,800〜16,000円。





Home | Thumbnail | Frame |