ローライ 35


camera photo  ローライ35は1966年に発売されたコンパクトカメラの元祖である。当時のメーカーのうたい文句は軽量でポケットの中に入るハンディカメラということであった。

 事実、当時全盛だったハーフ判カメラよりも小さいフルサイズカメラであり、最もコンパクトなカメラの一つであったに違いない。世界的に有名なカールツァイス・テッサー40ミリF3.5が装着され、追針式露出計を内蔵した斬新なデサインである。画角は57度、いわゆる標準レンズに近い。携帯時は沈胴式でレンズがボディの中に収まる。メカの塊(かたまり)のようなカメラである。






ローライ35の主な仕様
メーカードイツ Werke Franke & Heidecke
製造初年1966年
フィルムライカ判 36枚撮り
ピント合わせ前玉回転式、目測で合わせる
ファインダー逆ガリレイ式
レンズテッサー 40mmF3.5(3群4枚)最小絞り F22
シャッターSynchro Compur B、1/2 - 1/500秒 X接点
撮影最短距離0.9m(3フィート)
露出計追針式(CDS)
重さ360g



【使用感】
 総金属製のコンパクトカメラは今では懐かしい。当時としては小型軽量のカメラであったが、今使ってみると実際の目方以上に重さを感じる。大変シャープな描写で写りは文句ないが目測の為近距離撮影には弱い。




【作 例】   F11 1/15 Konicacolor GX 100

sample photo



Home | Thumbnail | Frame |