AMBI Silette

アグファの高級機


camera photo

 アグファーの35mm高級レンズシャッター機。アンビジレッテと呼ばれている。
 ビハインド式シャッターでレンズ交換が可能。交換レンズには60mm標準レンズと35mm広角、90mm望遠がある。ボディ上部のスライドレバーによってこの3種類のレンズのブライトフレームを切りかえることができる。マウントはバヨネット式でワンタッチレンズ交換が可能。
 標準レンズは Color Solinar 50mm F2.8、組み込みシャッターはSynchro Compur B, 1-1/500secと当時の一級品が採用されている。
 不思議なことに、このカメラにはファインダーの前の部分に蓋がついていて、これを開かないとアイピースを覗いても真っ暗で何も見えない。撮影時にはスライドレバーを動かしてこの蓋を開けてから測距を開始するらしい。ファンダーは倍率がかゝっているが明るく、ブライトフレームもくっきりしていて見やすい。

 焦点調節用のヘリコイドは50mmF2.8レンズにしては回転角度が少し大きいようだ、270度以上ある。ライツのエルマーやズミクロンなど50mmクラスは180度である。重さは700グラム、見た目より重い。

 交換レンズ

右のようなPloximeter(接写レンズ)もあったようだが、交換レンズも含めた付属品は市場でお目にかかったことがない。


AMBI Siletteの主な仕様
メーカードイツアグファ社
製造初年1957(61)年
フィルム35mm 36枚撮り
レンジファインダー二重像合致式
ファインダー逆ガリレイ式、ブライトフレーム
レンズColor Solinar 50mm F2.8、最小絞りF22
シャッターSynchro Compur、B、1〜1/500秒、
Self Timer、MX接点
撮影最短距離1メートル
大きさ・重さ700g
その他吊環金具無し



【使用感】 レンズ交換可能な高級機だけにずっしりと重い。操作性は大変よく今でも十分実用になるカメラである。交換レンズを使ってみたいが、なかなか手に入らない。



【作 例】  by AMBI Silette 50mm F2.8 f5.6 1/250sec


sample photo
(from the train, evening, May 1998)

Home | Thumbnail | Frame |