ヴェルタ ソリダ

レンジファインダーが出始めの頃のカメラ


 ヴェルタ社は製品数の多さではバルダ社に劣らないメーカーである。

 有名な畳込み二眼レフ、パーフェクタ(6x6cm)やスーパーフェクタ(6x9cm)でクラシックカメラファンには馴染みの深いメーカーでもある。

 ソリダは1933年、6x9cm距離計連動のスプリングカメラとして発売された。レンズの繰り出しには、それまでの折り畳みカメラに多く採用されていたラック&ピニオン方式がそのまゝ用いられている。
 この頃に流行った目測型カメラの定番、反射ファインダーがレンズの上部に残っている。フィルムは120で6x9cm、6x4.5cmの撮影が可能。ビューファインダー横のスライドレバーで視野の切り替えができる。
 後にこのカメラの後継機「ヴェルツル」が出るが、ソリダはまだ連動距離計カメラとしての完成度は低い。しかし、ツァイスのテッサー105mmF4.5は優秀で(写真)、コントラストの高いシャープなネガが得られる。





camera photo


ヴエルタソリダの仕様
メーカードイツ ヴエルタ社(Welta Kamera Werke Germany)
使用フィルム120 6x9cm 8枚撮り
大きさ/重さ120 x 160 x 130mm(撮影時)/ 820g
レンズTESSAR 105mm F4.5
Radionar 105mm F4.5
Xenar 105mm
シャッターコンパー B、T、1〜1/250秒
ファインダー二つ目式で距離計とは別に測距用の窓があり、
レンズ部分に反射型ファインダーがある
ピント合わせラック&ピニオン式
距離計ハーフミラーによる二重像合致式
フィルム送り赤窓式


Related site  蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |