スパーブ

フォクトレンダーの二眼レフ


camera photo  フォクトレンダーの本格的な二眼レフ。いかにもフォクトレンダーという重厚なデザインでルックスはビルタスやプロミネントと相通じるものがある。ルックスは悪く言えば癖のある(泥臭い)およそスマートさに欠けるカメラである。

 大きな特徴の一つは少し変わったパララックス自動補正機構である。ピント合わせは撮影レンズ側のレバーで行うが、レンズを繰り出していくとファンダーレンズが下向きにお辞儀をし始める。これだけではピントグラスとの角度のマッチングが取れないので、ピントグラスもこれに連動して前下がりになるという前代未聞の補正機能をやってくれている。

 もっと面白いのはシャッターのリムに刻まれた速度数値を上から覗いて詠み取れるように小さな三角プリズムを付けている。プリズムを通すと当然文字は逆さまに見える。このためコンパーシャッターのスピード数値をわざわざ逆文字で(裏返しに)彫刻しているのである。

 さらに変わっているのがフィルム送りだ。ローライフレックスが縦にフィルムを送るのに対し、このスパーブは横向きに送っている。ボディの横に奇妙な膨らみがあるのはそのせいである。ローライの真似をしたくない気持ちはわかるが、このためボディは左右に8mmくらい膨らんでしまった。 スパーブの1933年当時の広告


スパーブの主な仕様
メーカー旧西ドイツ ホクトレンダー社
製造初年1933年
フィルム120ブローニー 6x6 / 12枚撮り
ピント合わせボディ下部のレバーを左右に動かしてして行う
ファインダーピントグラス式二眼レフ
レンズスコパー75mmF3.5(3群4枚)最小絞り F22
ヘリアー75mmF3.5(3群5枚)
ビューレンズヘロマー75mmF2.8(3群3枚)
シャッターコンパー T、B、1〜1/250秒
撮影最短距離3.5フィート
フィルム送り赤窓式及び自動フィルム送り
大きさ・重さ9x13.8x9.2cm / 890g
その他パララックス自動補正



【使用感】
 スパーブのスコパーは大変よく写る。操作性はそれほどいゝとはいえないが写りは一級である。




【作 例】      スコパー75mmF3.5  F5.6 1/100  Fuji Reala

sample photo



Home | Thumbnail | Frame |