テルカ III

テルカ III  当時のフランスでは最高のスペックを持つ6x9cmレンジファインダー・カメラ。フィルムは120、620ブローニが使用できるが、他にもバンタム判フィルムが使用できる。見た目の美しいカメラである。レンズは自社製 サジタール95mmF3.5、シャッターはプロンターSVSが付いている。


テルカ IIIの主な仕様
メーカーデュマリア・ラピエール(フランス Demaria Lapierre)
製造初年1951年
フィルム120、620ブローニー 6x9cm 8枚撮り
ピント合わせ直進ヘリコイド
レンジファインダー二重像合致式
ファインダー逆ガリレイ式
レンズサジタール(Sagittar) 95mmF3.5(4 element)最小絞り F22
シャッターProntor-SVS B、1〜1/300秒 X,接点
撮影最短距離1.5メートル
フィルム送り赤窓式
大きさ・重さ158x103x53(6x9cm判) / 908g
その他二重撮影防止装置付き


【使用感】
 ボディにアクセサリーシューの付いた操作のしやすいカメラである。連動距離計はヘリコイドのため操作しやすくファインダーも明るい。ホールドもよく、よく写る実用的なスプリング・カメラである。


Related site 
蛇腹カメラのススメ

Home | Thumbnail | Frame |