トップコン35L

等倍ファインダーのレンズシャッター機


Topcon35JL  トップコンの数少ない35mmレンジファンダー機。1957年発売。この年にはトップコン最初の一眼レフ「トップコンRも発売され、RF機としては寿命は短かったようだ。文献の少ないカメラで製造台数などは不明(写真はトップコン35JL)。
 レンズ交換はできないが、パララックス自動補正のブライトフレーム、等倍ファンダーやフィルムの2回巻き上げなどのスペックはライカM3に似ている。レンズはTopcor44mmF2またはF2.8。シャッターはSeikosha MXL、B、1〜1/500秒、スピードはまだ倍数系列にはなっていない。シャッター速度のセットはライトバリュー式で、アクセサリーシューにクリップオンできるメーターが別売されLV値を直接読み取ってカメラにセットできた。MXF切り替え式シンクロ接点。
 当時の平均的な高級レンズシャッター機であるが、造りは頑丈で今でも元気よく動く魅力あるカメラである。




【使用感】 このトップコン35JLはレンジファンダー機としては他のカメラより重い。目方は約700グラム。ホールドや操作性は非常によく、また等倍のビューファインダー明るく二重像によるピント合わせも楽である。造りは頑丈で使いやすいカメラのひとつに入る。ダブルストロークはライカM3で慣れているものの、このカメラでは時々シングルストロークと間違えることがある。

Topcon35JL-Top view

Home | Thumbnail | Frame |