ベリート ディフューズドフォーカス・レンズ


 ディフューズドとは散光という意味で、大正7年頃からもてはやされた米国ウォーレンッサク社製のポートレート専用レンズ(2群3枚)である。いろいろな焦点距離(2〜10数インチ)のベリートが作られたようだ。写真左は 61/8inch、F4のベリートでNo3 BETAXシャッターに組み込まれている。8インチ以上のベリートは比較的入手しやすいが、これ以下の焦点距離となると滅多に見かけることはない。右は83/4inch ベリート。


Lens Photo Lens Photo
Verito 6inch(150mm) F4 in BETAX shutter Verito 8inch(220mm) F4


Elements Picture

 ベリートは開放(F4)からF8くらい迄で球面収差によるきれいなソフト効果が得られる。開放で使うとポートレートなどの近距離では問題ないが、遠距離だと「ボケボケ」になってしまい扱いの難しいレンズである。61/8inchは4x5、83/4inchは5x7を十分カバーするイメージサークルを持っている。
 61/8inchの付属BETAXシャッターは最高速でも 1/50秒である。現在の高速フィルムを使うには、明るい屋外ではNDフィルターを併用するしか手がない。やはりフォーカルプレーンを持った一眼レフに付けて使うのが一番だ。作例はこの61/8inchを23グラフレックスに取り付けて撮影したものである。83/4inchのベリートは4x5inchのテレグラフレックスに取り付けて撮影してみた。最近はこれをスピグラでにつけて使っている。こんなレンズの撮影にはフォーカルプレーンのあるスピグラが向いている。

Lens Photo Lens Photo
Verito 6 inch in SOHO Verito 8 inch in Speed Graphic

【作 例】 紫陽花(あじさい)
      61/8inch F5.6 1/500  T-MAX 400
      RB2x3グラフレックスに取り付けて撮影


Verito work



Home | Thumbnail | Frame |